私には育毛剤のない人生なんて考えられない
*
ホーム > 健康 > 妊娠のとき葉酸を飲み始めるタイミングについて

妊娠のとき葉酸を飲み始めるタイミングについて

葉酸とは水溶性のビタミンの一種で、タンパク質や核酸(DNAなどの遺伝子)の合成に大きく関わる栄養素です。

この葉酸は体を維持する上で欠かせないものですが、特に細胞分裂が活発な胎児は葉酸が不足すると障害を起こす可能性があります。

障害を起こさないように母親は葉酸を取ることが推奨されていますが、一体いつくらいから葉酸を取り始めればいいのでしょうか。

 

結論をいいますと、妊娠前から葉酸を取るようにしておくといいでしょう。

それというのも、葉酸が特に必要な時期は妊娠4週から20週とされていますが、妊娠が発覚するのは大体8週目から12週目のあたりが多いからです。

長い間妊娠と気がつかなければ母体が葉酸不足を起こしてしまい、赤ちゃんになんらかの影響を及ぼしてしまう恐れがありますので、葉酸は妊娠前から摂取するようにするのが望ましいでしょう。

 

葉酸には核酸やタンパク質を合成するだけでなく、造血を助けるはたらきもありますので、妊娠を予定している方だけでなく、普段から貧血気味の方やお酒をよく飲む方などにもおすすめです。

貧血を起こす方は葉酸が増えると血が増えますので症状が緩和されます。カンジダ菌の除去

葉酸はお酒のとりすぎで減ってしまうので、飲酒で減った葉酸を補うようにしましょう。

葉酸を接種するには、ホウレンソウや豆、レバーなどの食品を食事に取り入れるか、サプリメントなどで補給をするなどの方法がありますので、ご自分の生活スタイルにあったものを選ぶといいでしょう。